秋の空気を感じる日が多く

なってきました。

 

夏の日差しとエアコンの乾燥で髪と地肌の疲れが気になる方は、是非

サロンでの自然なケアーやヘナをお楽しみください♪

2018 長月

なによりまずはブラッシングを!

 

 

髪を洗う事を大事にする方は多いのですが、なによりまずは、ブラッシングをぜひおすすめします。

 

洗う前のブラシは猪毛や豚毛のブラシではなく、ナイロン製でやや固めのゴシゴシ洗えるものがベストです。

 (猪毛や豚毛など動物毛ブラシは洗ったあとのキレイな髪につかう仕上げ用です)

 

 

洗い方

まずは毛先のもつれや絡まりを優しくほぐしたら、根元を掘り起こすように、手首を回転させて地肌全体をしっかりブラッシングします。

 

雪がふるようにフケが沢山でてくるかもしれません、でもこれは古い角質ですので、全く問題ありません。血行もよくなり、地肌の汚れもほとんどとれていきます。

 

このブラッシングをしっかりすれば、あとは湯シャン(最低3分間はよく洗う事)だけで本来は十分なのです。

 

ただ....湯シャンだけで過ごす場合は、頭皮の古い角質と皮脂をしっかりとっていないとベトベトした頭皮や髪になってきます。ベトベトしたら、ハーブやクレイを使ってシャンプーもおすすめです。



Cookie ポリシー
2003-2018 copyright(C)naturalicohair.com ALL Rights Reserved.